« 『Vaio Type P』を猛烈に欲しくなった瞬間 | トップページ | DJ DUCT OneTurntable Live に改めて釘付けになりました。 »

2009年4月11日 (土)

特集:『音体能力』

音楽を演奏する人には色々なタイプがいると思いますが、たまに動いているだけで身体の節々から効果音のように音が聴こえてきそうで、実際に動いたらなんでもかんでもが音楽になってしまい、音と身体の動きが恐ろしいほどにシンクして、演奏なんだか、運動なんだかわからないような人たちがいます。

その音楽は、聴くもの、観るものの身体をもスイングさせる不思議なリズム感を持っています。リズムを取らずにはいられないし、身体を動かさずにはいられないのです。

 

そういう人たちの音体能力が高い人たちの特集です。

 

【身体を操る音・リズム】

 

まずはこちらをご覧ください。

 

PV HIFANA - Fresh Push Breakin'
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

これほどまでに肉体的なビートは、創るというよりも出て来る、っつーか出て来ちゃった、というのがふさわしいであろうHIFANA

思わず、ボクも衝動でHandsonic 10を買いミュジカドローン a.k.a.色彩の暴力がティンパレスを買ってしまったのも、全部HIFANAのせいおかげです。

 

 
    FRESH PUSH BREAKIN’  
 
   
      FRESH PUSH BREAKIN’       
        posted with amazlet at 09.04.11       
   
   
      HIFANA
      W+K TOKYO LAB (2003-11-19)
      売り上げランキング: 37455
   
     
 

 

この1stアルバムをヘッドフォンで聴きながらエントリ書いている時のボクのキータイプのリズミカル度といったら、まるで、MacBookのキーボードがMPC-2000になってるかの様な軽い指先タッチ。今、この姿は観られたくないけど観てほしいです。

このように、聴いている人のやっていることにも多分に影響を及ぼすのが音体能力の高い音楽です。

 

 

【バンドやろうぜ?いいから腕をあと4本くれ】

 

音体能力の高い人たちは得てしてマルチタスクで物事が進んで行きます。進まないわけにはいかないのです。たとえば、このSoft Circleの演奏もそうです。

 

Soft Circle - Live in Philadelphia
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

おそらく、楽器を演奏している、という意識や、ギタリスト・ベーシストという「パート」という概念も、彼らの前ではあまり意味をなしません。

なぜなら彼らは、楽器やパートが先にあるのではなく、音楽が出て来ちゃった状態が先にあるのです。

 

 
    Full Bloom  
 
   
      Full Bloom       
        posted with amazlet at 09.04.11       
   
   
      Soft Circle
      Eastern Development (2007-02-06)
      売り上げランキング: 268300    
     
 

 

もちろん、人間の身体で出来る同時処理数には限界があります。しかし、その音体能力の高さから、リズムがどんどん身体の節々から出て来てしまう。きっと鼻歌だって、音の構成がマルチレイヤーになってしまう。

そこで活躍するのがRC-50のようなループ・ステーションです。

 

 
    ◎BOSS RC-50  
 
   
      ◎BOSS RC-50       
        posted with amazlet at 09.04.11       
   
   
      BOSS
      売り上げランキング: 19012
   
     
 

これでいろいろな(楽器の)音をフレーズ毎に録音して、ループ再生することで、複数の音色を手に入れています。

もちろん「ループ」という概念にある程度縛られることになりますが、そこは反復運動のもつトランス感よろしく、ループが重なるにつれ、テンションもあがって行ってドラムでドーン!です。

バンドメンバーを集めるとか、バンドとしてのパート構成を考えるとかいうことから解放され、自分の頭ん中にうごめいている出たくてしょうがない音たちをとにかく解放してあげるんだ!という感じがスゴい。

音楽をやるのに、なにもバンドメンバーをあつめなくても、独りでも十分ぶっ飛んだ音が出来るんだよ!?っていうことは、とても大切なことなんじゃないかなーって思います。

 

音体能力という視点とは個人的にちょっとちがうんですが、以前にもご紹介したAnticonのSJ Esauもこのスタイルで音を重ねて行っていますね。

 

SJ Esau - I Threw A Wobbly - Live at The Croft
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

 

 

【ミスター音体能力】

 

音体能力』という言葉を一番始めに思いついたのは、Tuckerのライブを生で観た時でした。

 

 
    QUIET RIOT [DVD]  
 
   
      QUIET RIOT [DVD]       
        posted with amazlet at 09.04.11       
   
   
      ユニバーサル シグマ (2007-04-25)
      売り上げランキング: 36901
   
     
 

 

もう、圧巻。

朝起きてから寝るまでの生活全てを録音してアルバムにしてリリースしてほしいアーティストです。

ということで、最後はTuckerの圧倒的なライブパフォーマンスでお楽しみください。

 

“ウォークマン”『TUCKER×料理』篇
             
※eyeVioより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

TUCKER's performance01
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

TUCKER's performance02
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

TUCKER's performance03
       
※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

|

「音楽と人々」カテゴリの記事

del.icio.us   はてなブックマーク   livedoorクリップ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159127/44641095

この記事へのトラックバック一覧です: 特集:『音体能力』:

コメント

かくいう私もZAMURAIを見てMPC1000を買った男です。
もっと上手く叩けるようになりたい!

投稿: たろうa.k.a椎名みかん | 2009年4月12日 (日) 01時15分

かくいうボクもHandsonic 10を大切に眠らせていますので、もっとがんばらにゃーいかんなぁ、と思う訳です。

投稿: dub a.k.a.dubstronica | 2009年5月 2日 (土) 01時52分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。