« 家庭にあるものを打楽器にしちゃう「Balloon Drums(バルーンドラム)」 | トップページ | 似顔絵を描いてもらいました。part.3 »

2010年3月12日 (金)

新型アサタクロー、ファーストインプレッション!

IMG_0870先日注文した新型アサタクローが到着しました!

祝☆新型アサタクロー登場!?【追記アリ】

 

現時点で初回4セット、2回目5セットの合計9セット販売されたのですが、どちらの回も即日完売!

ボクは初回に無事購入することが出来ましたので、今回はファーストインプレッションとして、他のアサラト達と比較してみます。(今回はだいたいさんのご好意でおまけをいただいてしまいましたよ!)

 

写真多めで行きますよー!

 

IMG_0852

これが新型アサタクロー。セパタクローのアサラト版。

 

IMG_0854

こちらは(旧型)アサタクロー。サイズはLサイズというやつで、アサラトナイトで購入したものです。

 

IMG_0853

そしてこれ、だいたいさんからおまけで戴いてしまったチビタクロー。写真がちょっと赤くなっちゃいましたが気にしない気にしない。アサタクローのミニバージョンです。

でも、これじゃあそれぞれのサイズがわからないですね。

と、いうことで並べます。

 

IMG_0857

左のアサタクローは5.5cmくらい、新型は3.5cmくらい、ちびは2cmくらいかな。

 

IMG_0856

旧と新。ほんと一回り違いますね。

 

IMG_0858IMG_0859

コルクアサラトも一緒に並べてみた。旧型とコルクはたぶん0.5cmもちがわない感じだけどコルクの方がやや小さく、さらに新型はコルクよりも一回り小さいのが伝わるといいなー。

 

IMG_0860

せっかくなので、サイズ順に並べてみました。

旧型・セミカスタムアサラトLサイズの大きめ・コルク・セミカスタムLの小さめ・新型・ちび、の順です。並べながらニマニマしてた。

 

アサラトのサイズは自分の手の大きさに合わせるのがたぶんいいと思うんですが、ボクは今約5cmのセミカスタムLサイズ大きめ、というのをメインで使っています。写真の中だと赤い紐がザイルのやつですね。

これがいま一番手にしっくり来ていて、ボクのアサラト選びの基準になっている。割れたらちょう泣く。

 

実際に手に載せた写真もとってみたので、各アサラトと手の大きさのバランスをご覧下さい。

 

IMG_0862

アサタクロー。旧型、と便宜上呼んでいますが、また再発して欲しい逸品。手に対してはやや大きい印象があります。

 

IMG_0864

これがあわうみ a.k.a.ASIAZACCAさんで買ったセミカスタムのアサラト。サイズはLのなかの大きめのものでたぶん5cmくらい。ボクはこれが今のところ一番やりやすいベストサイズ。

 

IMG_0863

夜の練習にはもう欠かすことの出来ないコルクアサラト。これもだいたい5cmくらいですが、アサラトよりも若干重いのとコルクの滑らなさで、練習にはスゴく向いています。しっかり振れたり廻せてないとちゃんとできないところが矯正の役目を果たしてくれています。なかにはビーズが入ってるからシェイク音もバッチリ。

 

IMG_0865

これは同じセミカスタムのLサイズでも小さめで4.5cmとかそんなもんじゃないでしょうか。サイズが違うと感触も音も変わるので、ただ感触が違うというのとは違って、これを振りたくなる時がちゃんとある。ギターでいうとピックアップを変えるとか弦のサイズを変えた感じかな?

 

IMG_0861

これが今回メインの新型アサタクロー。セミカスタムL小さめをもうちょっと小さくした感じ。このサイズまで来るとボクにとってはちょい小さめです。

 

IMG_0866

ちびたくろーは小梅ちゃんの大玉みたいなサイズでこんな感じ。ちなみにちゃんと振れます。指2本だけでフリフロが出来ます。

 

IMG_0869IMG_0868IMG_0867IMG_0872

球を二つとも手のひらにおくと違いがスゴく良くわかります。

ちなみに参考までに、ボクの手の大きさを最近買ったブルガリア民謡のCD と比較してみました。いや、別にブルガリア民謡じゃ無きゃダメってわけじゃないんですが、このCDちょうヤバいですよ!

 

さて、実際に振った感じですが、ボクの手には小さめです。

ただ、ここでいう小さめっていうのは、それがダメ、っていう意味とはちょっとちがうんですね。なんというか、自分のジャストサイズは練習全般に向いていて、大きめ小さめは自分の技の習得度だったり振り方の確認だったり、さらには違う音色だったり、そういう別のポイントがあるので、普段着ではない、というくらいの感じです。

きっと旧型と新型の中間の大きさがあるとボクにはジャストです。

小さめなので、雑に振るとどんどんスピードが上がっていくので、ゆっくり振る確認にはぴったりですし、投げやケンスペ(ケンゴスペシャルという技で人差し指のクルクル回す技)の練習には向いているかもしれない。

 

(asalato)ケンゴ・スペシャルもどき

※youtubeより。RSSリーダーでは表示出来ないことがあります。

 

アクセサリーとしてカバンとかにつけるのには、たぶんこれが一番良いですし、なによりオンナノコとか手の小さい人にとって今まで音を抑えられるアサラトが少なかった(コルクだときっと大きすぎる)ので、家で夜に練習する時につかうアサラトとしてこれ以外の選択肢は無いのではないでしょうか?

 

アサラトは消耗品ですから、お気に入りの一つを振り続けるのも良いですが、いろいろなタイプをうまく使い分けて練習するのがボクは好きです。

つうか、アサラトがわさーってあると、嬉しくて仕方が無いんです。

 

 

アサラトをはじめてみようかな?と思った方へ

ボクは普通のアサラト、アサタクローやコルクアサラトは以下のお店で買っています。

どちらのお店もとても丁寧にアサラトを用意してくれます。

はじめて買うんだけどサイズとか不安だなーと思ったら、購入前にはじめて買うことや手のサイズや、あるいははじめて買う時に気にした方が良いことなど、質問しながら買うのもいいと思いますよ!

asalato & handmade wallet -daitie-

http://twitter.com/taoofcow

アサタクローといえばこちら。

民族楽器やジャグリングアイテム(ポイ他)のことならASIAZACCA

http://twitter.com/asiazacca

セミカスタムとコルクアサラトを買いました。口琴などいろんな民族楽器があります。

 

もちろんこの他にもいろいろとお店はあります。十分な情報じゃないかもしれませんが、僕なりにすこしまとめたエントリーもあります。アサラトを始めようというほんの少しのキッカケにでもなればスゴク嬉しいです。そしていつか一緒に振りましょう。みんなで振ると楽しいですよ!

アサラトの買い方/練習の仕方

|

アサラト」カテゴリの記事

del.icio.us   はてなブックマーク   livedoorクリップ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159127/47787140

この記事へのトラックバック一覧です: 新型アサタクロー、ファーストインプレッション!:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。